データエンジニアリンググループ

データは”簡単に”使えないと意味がない

データエンジニアグループでは、ビッグデータの収集・加工を行う分析環境の構築からデータの可視化までを行います。
様々な場所に存在するデータを一元的に統合、そして可視化をすることにより、データ分析に取り組みやすい環境を作ります。

主なサービス


DMP(CDP)構築

WebのアクセスログやPOSデータ、IoTデバイスのセンサーデータ等、企業が保有するデータの量は爆発的な増大を続けております。
この膨大なデータをいかに有効に活用できるか次第で、マーケティング戦略上のアドバンテージを大きく左右します。
その為、様々な場所に存在するデータを一元的に管理できるクラウド上のプライベートDMPやCDPは、ビジネスの大小を問わず不可欠な存在となりつつあります。
[プロジェクトでの分析環境]
BigQuery、Redshift、Treasure Data


可視化

〜Data Visualization〜

蓄積したデータを最大限活用する為には、直感的かつ瞬時にデータの持つメッセージを把握できる状態にしておかなければなりません。
目的に合わせて正しくデータの可視化環境を構築することにより、データ活用の可能性は飛躍的に広がります。
データ可視化における目的は主に下記2つの軸があり、必要に応じて利便性の高いBIツールの活用や、より機能面でのカスタマイズが可能となるスクラッチでの開発による環境構築を行います。

モニタリング環境構築

様々なデータ環境の中からデータを抽出し、KGIやKPIなどのマーケティング戦略において日々管理が必要な重要指標の観測環境を構築します。
データが一目で見えるダッシュボードの作成やレポーティングの自動化など、目的や課題に合わせてアウトプットのカスタマイズが可能です。

分析環境構築

高度かつ自由度の高い分析を行う為には、その基盤となる分析環境の構築が必須です。
ディメンション(切り口)とメトリクス(指標)の整理をはじめ。細かな要件定義から設計、開発までをサポートし、より複雑なデータ活用に向けた土台作りを実現します。

Contact

ご依頼ご相談など、お問い合わせは下記フォームからお願いいたします。